アルミ断熱シートとは?遮熱シートとの違いや効果的な使い方をご紹介|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

アルミ断熱シートとは?遮熱シートとの違いや効果的な使い方をご紹介

2022/04/27

暮らしのさまざまな場面で役に立つ「アルミ断熱シート」。
アルミ断熱シートとは、断熱効果を発揮することで温度を調節し、住環境を快適にしてくれる素材です。
中には100均で購入できる製品もあるため、上手に活用すれば費用を抑えつつ大きな効果を発揮します。

みなさんの中には
「なぜ断熱効果を発揮できるのか?」
「使い方を知りたい」
「遮熱シートとの違いは?」
など、アルミ断熱シートに関する疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、アルミ断熱シートとは何か・なぜ断熱できるのか・アルミ遮熱シートとの違い・100均のアルミ遮熱シートの効果的な使い方について分かりやすく解説します。

アルミ断熱シートとは?遮熱シートとの違いや効果的な使い方をご紹介

アルミ断熱シートとは?

「アルミ断熱シート」とは、一体どのような素材なのでしょうか?
ここではアルミ断熱シートの基本についてご紹介します。

概要・効果

アルミ断熱シートとは、断熱材の一つです。
断熱材は空気を多く含む素材で、空気の層が厚ければ厚いほど熱の伝達が遅くなる仕組みになっています。

一方、断熱材とよく似た素材に「遮熱材」があります。
遮熱材とは、金属膜のアルミ箔をシート状に加工した素材で、熱を反射することで熱の伝達を抑える仕組みです。
断熱材が空気の層によって熱の伝わりを遅くするのに対し、遮熱材は熱を反射することで熱の伝達を抑制するという違いがあります。

新しいアルミ断熱シート「アストロフォイル」

アルミ断熱シートの中で、近年は「アストロフォイル」という新世代の素材が注目を集めています。
電磁波が宇宙服やロケットに与える影響の研究を通じて「アルミ」と「空気層」を利用する遮熱理論が確立され、現在では航空機などにも応用されています。

このような理論に基づき、住宅向けに作られた新素材がアストロフォイルです。
アストロフォイルは、ポリエチレン樹脂製のエアキャップの両面に純度が99%のアルミ箔を貼り付けることで、5層又は7層構造になっているのが特徴です。

両面に貼られたアルミ箔が内外の輻射熱を97%も反射し、空気層を持つエアキャップが熱伝導を抑えます。
こうした仕組みによって、効果的に熱を遮断することが可能となっています。

アルミ断熱シートはなぜ断熱できる?

アルミ断熱シートは、なぜ断熱することができるのでしょうか?
その答えは、「空気層」にあります。

断熱材は、たくさんの空気層で成り立ちます。
空気は熱の伝わりが遅いため、空気の層が多ければ多いほど熱の伝達が遅くなるのです。
そのため、断熱材は厚さが増して空気の層が多くなるほど高性能になります。

一般的に「断熱材」と聞くと、「熱を止める素材」とイメージされがちですが、正確には「熱の伝達を遅くする素材」です。
熱の伝達を遅くしつつ、熱を吸収し保温します。
布団やダウンジャケットが温かくなる仕組みは、基本的に断熱材と同じです。

アルミ断熱シートとアルミ遮熱シートの違いとは

「アルミ断熱シート」と「アルミ遮熱シート」は、名前は似ていますが、熱をさえぎる仕組みが異なります。
アルミ断熱シートが空気の層によって熱の伝達を遅くするのに対し、アルミ遮熱シートは熱を反射させることによって熱の伝達を抑えます。

まとめると、次のようになります。
アルミ断熱シート・・・熱の伝達を遅くする素材
アルミ遮熱シート・・・熱を反射させる素材

「アルミ断熱シート=熱の伝達を遅くするもの」「アルミ遮熱シート=熱の伝達を止めるもの」と覚えておきましょう。

熱には、「対流熱」「伝導熱」「輻射熱」の3種類があります。
対流熱・・・気体や液体が動くことで生じる熱移動
伝導熱・・・温度が異なる物体同士を接触させることで生じる熱移動
輻射熱・・・物体が電磁波を発生させることで生じる熱移動

このうち、アルミ断熱シートは「対流熱」「伝導熱」に対して効果を発揮し、アルミ遮熱シートは「輻射熱」に対して効果を発揮します。

100均のアルミ断熱シートの効果的な使い方

100均で購入できる断熱グッズも存在します。
100均のアルミ断熱シートを上手に活用すれば、暖房費を節約することも可能です。
ここでは、100均のアルミ断熱シートの効果的な使い方をご紹介します。

例えば、次のような使い方があります。
・床に敷き、その上にカーペットを敷く
・窓に貼る
・カーテンにする
・湯船に浮かべてお湯の保温に活用する
・敷き布団や掛け布団にはさみ込む
・寒さに弱いペットのケージの保温に利用する
・スリッパを作製する

窓用の断熱シートは、網入りガラス・複層ガラス・有機ガラスなどの特殊な窓ガラスには貼らないでください。
窓が割れてしまう恐れがあるためです。
床に断熱シートを敷く場合には、滑らないように「両面テープで固定する」「シートとカーペットの間に滑り止めシートを敷く」などの対策を行いましょう。

また、ペットのケージに使用する場合は、ペットがかじらない位置に設置してください
こうしておけば、ペットがケージの破片を飲み込むことを防止できます。

まとめ

以上、アルミ断熱シートについて仕組みや効果などをご紹介しました。

アルミ断熱シートは、たくさんの空気の層で熱の伝達を遅くすることによって、断熱効果を発揮します。
生活のさまざまな場面に取り入れれば、暑さ・寒さを調節して住環境をより快適にすることが可能です。
100均で購入できる製品もあるため、日常生活の中で上手に活用してくださいね。

もし内装工事を検討中の方がいらっしゃいましたら、「株式会社SEED」にぜひご相談ください。

当社は東京・千葉・福岡でシステム天井の施工・店舗やオフィスの内装工事を行っております。
当社はお客様からいただいたご要望を完璧に実現できるように、日々技術の向上に努めて参りました。

累計施工実績1,000件以上の当社ならではの、確かな施工品質と迅速かつ柔軟な対応力で、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供いたします。

SEEOの店舗・オフィス内装工事についてはこちら

関連記事

  • オフィスのスケルトン天井の注意点とは? オフィスの内装工事を検討するにあたり、おざなりにされがちなのが天井。しかし天井の重要性をあなどってはいけません。心地よく生産性の高いオフィス空間をつくるためには、適切な天井高さを確保することが必要です。また空間全体を覆う部位であるため、デザインという面にも着目したいもの。 […]
  • 世界の大地震の20%は日本で起きている!耐震天井の重要性を解説 天井は、建築基準法施行令第39条により「地震その他の震動及び衝撃によって脱落しないようにしなければならない」とされています。 地震大国と呼ばれる日本では、建物の耐震性を保つ上で、天井が重要な役割を果たしているのです。今回は、耐震天井の重要性と、安全な建物を作るためにおすすめの […]
  • フェノールフォームとは?利点と欠点・代表的な製品をご紹介!フェノールフォームとは?利点と欠点・代表的な製品をご紹介! 断熱材の種類の一つに「フェノールフォーム」があります。 フェノールフォームは発泡プラスチック系断熱材に分類されます。 高い断熱性能を備えており、主に外張り断熱(建築物の外側で熱を遮断する工法)に使用されるのが特長です。 非常に高性能な素材ですが、欠点はないのか気になる方も […]
  • 軽量天井とは?ニーズの背景・組み方・各メーカーの製品をご紹介!軽量天井とは?ニーズの背景・組み方・各メーカーの製品をご紹介! みなさんは「軽量天井」をご存じでしょうか? 軽量天井とは、重量が軽くて耐震性や安全性に優れた天井のことをいいます。 地震が多発する昨今だからこそ軽量天井へのニーズが益々高まっています。 みなさんの中には軽量天井には具体的にどんなものがあるのかなど、軽量天井に関する疑問 […]
  • 内装工の平均年収はいくら?アップさせる方法も紹介 現在、クロス職人などの内装工として働いている方にお聞きします。「自分の働きに給与が見合っていない!」と感じたことはありませんか? 内装工の給与は、担当する作業や仕事のクオリティなどによっても変わりますが、適正かどうか判断するには平均給与を知ることが大切です。今回は内装工の […]
  • 店舗工事を検討中の方は必見! 知っておきたい内装制限とは? 店舗工事を考えている方なら知っておきたいのが「内装制限」。新規開業するにあたり意外と知らないオーナー様が多く、「思い描いていたお店のインテリアがつくれない!」ということも多々あります。 内装制限は遵守しないと罰則の対象となりますので、今回は、知っておくと後々お役立ちなポイ […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop