マンションの天井に断熱材を入れて改修する方法を徹底解説!|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

マンションの天井に断熱材を入れて改修する方法を徹底解説!

2021/11/30

マンションの天井などに、断熱材を入れられるのをご存じでしょうか?
マンションは、一戸建て住宅に比べると、冬は暖かく夏は涼しく過ごせる場合が多いですが、物件の構造や立地条件によって、冬はより寒く、夏はより暑くなることがあります。特に最上階は、外気に触れる面積が大きいため、気温の影響をもろに受けてしまいます。そうした場合には、天井に断熱材を入れるという方法で、住環境を改善できるのです。

この記事では、マンションの天井を断熱改修する方法や、断熱改修する際の注意点などについて、分かりやすく解説します。これからご紹介するポイントを押さえておけば、マンションの断熱改修を検討する際に役立つでしょう。

マンションの天井に断熱材を入れて改修する方法を徹底解説!

断熱材の役割とは?

断熱材とは、文字通り「熱の伝達を断ち切る機能を持つ素材」のことです。
マンションにおいては、熱の伝達経路の外気に接する部分「天井」「床」「壁」に施工します。ただし、隣の部屋や上下の部屋に接する部分は、外気とは考えられません。
断熱材を施していない場合、夏だと外気に接している箇所からエアコンの冷気が放出され、逆に冬だと暖房の暖気が放出されてしまいます。冷暖房のエネルギー効率の悪化を防ぎ、快適な住環境を保つためには、適切な断熱処理が必要なのです。

マンションの最上階が外気の影響を受けやすい理由

マンションの中でも、特に最上階が外気の影響を受けやすい傾向があります。最上階の外気に接する面積が大きいことが、その理由です。

特に夏場は屋上から猛烈な熱が伝わってくることで、昼間の室温が非常に上がってしまいます。また、マンションに使用されているコンクリートは、一度熱を持つと冷却するまでに時間がかかり、室内に熱を放射する性質があります。

こうした理由から、マンションの最上階は取り分け高い断熱性能が要求されるのです。古いマンションやアパートは、断熱性能が不十分なことがあり、そうした物件は入居後に断熱改修が必要になるかもしれません。

マンションの天井に断熱材を入れる

マンションの最上階を断熱改修するには、天井に断熱材を入れるのがおすすめです。
ここでは、マンションの天井の断熱改修の方法や断熱改修にかかる費用についてご紹介します。

マンションの天井の断熱改修の方法

天井の断熱改修では、天井裏に断熱材を入れるのが一般的な方法です。天井裏に断熱材を入れる工法には「敷き込み工法」と「吹き込み工法」の2種類があります。

「敷き込み工法」が、空気の通路をふさぐように断熱材を敷き詰めるのに対し、「吹き込み工法」は機械を使って断熱材を吹き込んでいく工法です。
吹き込み工法は、専門的な技術が要求されるため、敷き込み工法に比べると一般的に費用は高めです。ただし、敷き込み工法も作業が荒いと隙間ができて、断熱性能が下がってしまうため、専門の業者に依頼するのが無難といえるでしょう。

マンションの天井の断熱改修にかかる費用

天井の断熱改修にかかる費用は、以下の3点によって変わってきます。

・施工方法
・断熱材の種類
・天井を剝がすか否か

断熱材の種類には、主に繊維系と発泡プラスチック系があり、前者の方が比較的安いのが一般的です。また、天井を剝がして施工する場合は、剝がさない場合よりも倍近い費用がかかります。そのため、施工を依頼する際には、施工の方法を事前に確認することが大切です。

マンションの断熱改修をする際の注意点

最後に、マンションの断熱改修をする際の注意点をご紹介します。

建物の断熱改修の工法には「外断熱」と「内断熱」の2種類があります。
「外断熱」が建物の全体を断熱材で包み込む方式なのに対し、「内断熱」は建物の内部に断熱材を入れる方式です。マンションの場合、「外断熱」は共用部分の施工が必要になるため、個人が勝手に改修作業を行うことはできません。そのため、マンションの断熱改修を行う際は、専用部分で「内断熱」を行うことになります。また、いくら断熱改修をしたからといって、いつも部屋を閉め切っていては空気がよどんでしまうため、適切に換気を行うことが大切です。さらに自然光を適宜取り入れる採光も、重要なファクターになります。
断熱改修だけで全てが良くなるのではなく、室温・換気・採光など快適な住環境の条件の一つが断熱だととらえておくと良いでしょう。

まとめ

以上、マンションの天井の断熱改修について解説いたしました。マンションの最上階は、外気の影響を大きく受けるため、快適な住環境を整えるには必要に応じて断熱改修を行うことが重要です。

もし、天井の断熱改修を検討中の方がいらっしゃいましたら「株式会社SEED」に、ぜひご相談ください。

SEEDの店舗・オフィスの内装工事についてはこちら

関連記事

  • 建築現場でつらいことは?職人の本音を聞いてみよう 建設現場での仕事と聞くと、多くの方は「何だかきつそう」と想像するでしょう。実際、建設業が「3K」と呼ばれてきたのは否定できません。しかし、一口に現場仕事といってもいろいろあり、業種によって大変な部分も変わってきます。今回は、現場で一般的に「つらい」といわれる点と、内装業の仕 […]
  • 膜天井とはどんな天井?メリットや施工方法をご紹介!膜天井とはどんな天井?メリットや施工方法をご紹介! みなさんは「膜天井」という物をご存じでしょうか? 膜天井とは柔らかい膜素材でできた天井のことを言います。 膜天井には高い耐震性や軽量化されている点、優れたデザイン性など様々な特長があります。 この記事では、膜天井のメリットや施工方法などについて分かりやすく解説します。 […]
  • 内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説 内装業者が「LGS」と言っているのを聞いて「なんだろう?」と思ったことはありませんか?LGSとは壁や天井の下地材として使われる「軽量鉄骨」のことです。内装工事では湿気の変動による「反り」「曲がり」「割れ」が少ないLGSがよく使われます。 この記事ではLGSのメリット・デメリッ […]
  • 軽量天井とは?安全で機能的な次世代の天井の特徴 天井には、照明・スピーカー・コンセントといった設備が設置されています。さらに、天井自体もさまざまな機能を備えており、快適で安全な室内環境を保っているのです。天井にはいくつもの種類があり、現在主流になっているのは「システム天井」ですが、その中でも特に「軽量天井」が注目されています […]
  • 軽天材とはどのようなもの?DIYでも使える?軽天材とはどのようなもの?DIYでも使える? ビルや店舗の建物内部の壁や天井をつくる作業を軽天工事と呼びますが、それに使用されるのが軽天材です。ここでは、軽天材にはどのようなものがあるのかについて、詳しく紹介します。DIYで軽天材を使用できるのかについても解説していきますので、参考にしてください。   軽天っ […]
  • 軽天屋って何?軒天屋の仕事を徹底解説軽天屋って何?軒天屋の仕事を徹底解説 軽天工事を行うのが「軽天屋」です。 しかしながら「軽天」という言葉自体が一般的ではないことから、それがどんな仕事なのかをきちんと理解している方は非常に少ないのが現実です。 ここでは、軽天屋がどんな仕事をするのかを詳しく解説し、軽天屋に求められるものも併せて紹介しています。 […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop