テナント工事は居抜き物件とスケルトンならどちらがおすすめ?| 東京・千葉・福岡でシステム天井、店舗・オフィス内装工事はSEED

03-6753-4215 03-6753-4215 03-6753-4215

お役立ちコラム

テナント工事は居抜き物件とスケルトンならどちらがおすすめ?

2021/03/03

オフィスを移転しようと不動産物件を探していると、「居抜き」と「スケルトン」という用語が目に入ります。今回はテナント工事により快適な空間をつくるためにはどちらを選択すべきなのか、プロの視点からご紹介します。

 

「居抜き」と「スケルトン」の違いとは?

「居抜き」とは、前のテナントが使用していた設備をそのまま使用できる物件のことを示します。わかりやすい例で言うと、飲食店。厨房設備をそのまま残しておいて、次のテナントに飲食店が入ったらすぐに利用できるよう、あえて居抜き物件として残す場合があります。対して「スケルトン」とは、居抜きとは異なり前のテナントが使っていた設備や什器を撤去した状態の物件です。間仕切り壁や天井がなく、躯体のコンクリートや鉄骨梁がむきだしになっている物件が、いわゆるスケルトンの状態です。

 

「居抜き」と「スケルトン」どちらがおすすめ?

「居抜き」と「スケルトン」ではリノベーション費用が変動します。居抜きは前のテナントが残した設備をそのまま使えるので、もし業種が同じならば、最低限の工事ですぐに開業できます。ただし設備や什器を動かせないため、レイアウトを変えることが困難というデメリットがあります。
その点「スケルトン」はゼロからプランニングができるので、思い通りの理想の空間をつくることができます。解体工事費がかからず、設備も新品を使用するためメンテナンスに悩まされることもありません。もしも予算に余裕があるのなら、スケルトン物件のほうがおすすめ。デザイン的に訴求力の高い店舗や、快適性にすぐれるオフィス空間をつくりやすいので、長い目で見れば資金回収と利益創出の点でも効果的です。

 

天井の自由度の高いスケルトン物件

スケルトン物件の場合、天井を張らずに空調設備をむきだしにする例もありますが、コスト面や見た目の印象からいって、やはり天井を張ったほうがよいでしょう。
天井は見た目にも空間の印象を大きく左右しますが、温度・湿度を調整する空調設備を納め、室内環境を快適にコントロールするという役目があります。
スケルトン物件の場合ですと、新たに天井を設けることになるので、天井の懐(高さ)やデザインなどを自由に決めることができます。

 

東京都江戸川区を拠点とするSEEDでは、オフィスのシステム天井を中心に、都内全域で建具やパーティション、電気設備といった内装工事を承っております。ご相談次第では全国対応も可能です。スケルトン物件をリノベーションした後の原状回復も手掛けておりますので、施工のご依頼やご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

→SEEDの店舗・オフィスの内装工事についてはこちら

 

036753421503-6753-4215

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop