オフィス天井は主に3種類!それぞれの長所・短所とは?|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

オフィス天井は主に3種類!それぞれの長所・短所とは?

2022/02/16

オフィスの雰囲気は天井の種類によって大きな影響を受けます。そのため、快適な職場環境を作るには、天井選びも重要な要素です。オフィス天井を工法で分けると、主に「在来工法天井」「システム天井」「スケルトン天井」の3種類があります。オフィスに最適の天井を選ぶには、各種類の天井の特徴について知ることが大切です。
この記事では、各種類の天井の長所・短所や天井選びのポイントなどについて解説します。

オフィス天井は主に3種類!それぞれの長所・短所とは?

オフィス天井の工法は主に3種類

オフィス天井を工法で分類すると、主に「在来工法天井」「システム天井」「スケルトン天井」の3種類があります。ここでは、それぞれの特徴や長所・短所をご紹介していきます。

在来工法天井の特徴

「在来工法天井」とは、天井の骨組みに仕上げ材を張り付ける工法で作られた天井です。もっとも普及している工法であるため、数多くの建物で採用されています。

長所
  • 仕様の自由度が高い

空調やライトの位置などの仕様を自由に設定することができます。

  • 材料費が安価で済む

広く普及しているため、比較的低価格で材料を調達できます。

  • 吸音性や断熱性を高めることが可能

仕上げ材の種類によっては、吸音性や断熱性を高めることができます。

短所
  • レイアウトの変更が難しい

空調やライトなどを動かすのが難しいため、天井のレイアウトを変更しにくいという短所があります。

システム天井の特徴

「システム天井」とは、下地材で作った骨組みに、仕上げ材・空調・ライトなどをはめ込むように組み立てた天井です。システム天井には、大きく分けて「ライン天井」と「グリッド天井」の2種類があります。

ここでは、2種類のシステム天井の特徴や長所・短所を解説します。

ライン天井の特徴

「ライン天井」とは、仕上げ材やライトなどが一体化している天井です。下から見上げた時に、器具がライン状に並んでいるのが特徴です。

長所
  • 費用が安い

低価格の天井材を使用しているため、費用が安いのが長所の一つです。

  • 明るさを均一化できる

机とライトを並列に配置することで、机を照らす光の明るさを均一化することができます。

  • 柔軟にレイアウトの調整ができる

任意の寸法でラインの間隔を決められるほか、機器の移設も可能であるため、柔軟にレイアウトの調整ができます。

短所
  • ライトの向きを変えられない

ライン天井では、天井材の形に合うライトがはめ込まれているため、ライトの向きを変えることは基本的にできません。

  • 地震の際に天井材が落下するおそれ

地震の際の縦揺れに弱いため、地震の衝撃で大きな天井材が落下するおそれがあります。

グリッド天井の特徴

「グリッド天井」とは、格子状に組まれた下地材に、仕上げ材やライトなどがはめ込まれたタイプの天井です。仕上げ材やライトを部分的に交換できるのが特徴です。

長所
  • メンテナンスやレイアウトの変更が容易

仕上げ材やライトを部分的に取り外せるため、メンテナンスやレイアウトの変更を行うのが容易です。

  • 仕上げ材が落下しにくい

地震の際にも、仕上げ材が落下しにくいです。

  • 天井裏の点検がしやすい

パネルを部分的に取り外すことが可能なため、天井裏の点検がしやすくなっています。

  • 意匠性が高い

整然とパネルが並べられているため、見栄えがよく、高い意匠性を持っています。

短所
  • 高価である

比較的高価なのが短所です。

  • 吸音性が低い場合がある

天井材の材質やサイズによっては、吸音性が低い場合があります。

スケルトン天井の特徴

「スケルトン天井」とは、クロスなどの内装材が一切なく、建物のコンクリートがむき出しの状態になっている天井のことをいいます。梁や柱などの建物の構造部分をそのまま露出するため、「躯体現し」と呼ばれることもあります。

長所
  • 開放感がある

空間が広くなるため、とても開放感があり、部屋全体が明るくなります。

  • 意匠性が高い

意匠性が高く、洗練されたおしゃれ空間を演出できます。

短所
  • 手間やコストが多めにかかる

元々あった天井を解体したり、配線をまとめたりする必要があるため、手間やコストが多めにかかります。

  • 空調の効率が悪くなる

オフィスビルの空調は、天井材を張った状態で効率が上がるように設計されています。そのため、スケルトンにして空間が広くなると、空気の対流が弱まり、空調の効率が悪くなってしまいます。

  • 音が反響しやすくなる

吸音材の役割もある天井ボードがないため、音が反響しやすくなるおそれがあります。

オフィス天井の種類選びのポイント

オフィス天井を選ぶ際には、機能性や見栄えだけでなく、働く人に与える影響を考慮しなければなりません。例えば、天井があまりに低いと、人は圧迫感を覚え、ストレスの要因になります。逆に高すぎると、落ち着かず居心地の悪さを感じてしまう可能性があります。小規模なオフィスの場合は、最低でも2.6メートルの高さがほしいところです。このように、天井が人に与える影響を頭に入れつつ、業務効率が上がる天井を選ぶことが大切です。

まとめ

今回はオフィス天井の種類について解説しました。各タイプの天井には、それぞれの特徴があるため、長所と短所をしっかり把握することが大切です。機能性や見栄えだけでなく、人に与える影響を考慮し、もっとも業務効率が上がる天井を選んでくださいね。

もし天井の施工を検討中の方がいらっしゃいましたら、「株式会社SEED」にぜひご相談ください。弊社は東京・千葉・福岡でシステム天井の施工・店舗やオフィスの内装工事を行っております。弊社はお客様から頂いたご要望を完璧に実現できるように日々技術の向上に努めて参りました。累計施工実績1,000件以上の豊富な経験を活かし、確かな施工品質と迅速かつ柔軟な対応力でお客様のニーズに沿ったサービスをご提供いたします。

→SEEOの店舗・オフィス内装工事についてはこちら

関連記事

  • 体育館や避難所等でおすすめ!2kg/㎡以下の超軽量天井SLC工法(吊り天井)で耐震化!体育館や避難所等でおすすめ!2kg/㎡以下の超軽量天井SLC工法(吊り天井)で耐震化! 2011年以降、防災の観点から体育館や避難所の吊り天井の耐震性が見直されたことをご存知ですか? 既存の吊り天井や新築の吊り天井で、落下によって重大な危害が生じるおそれがある天井は「特定天井」とされ、検証・落下防止対策が必要となっています。 そのため、特定天井に該当しない吊り […]
  • 軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説 建物には天井がありますが、天井をつくるためには下地が必要となります。 ここでは、軽天の下地や、その組み方について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。   軽天の下地について 軽天とは「軽量鉄骨天井下地」を略した言い方です。 木造の一般住宅の場合は […]
  • システム天井とは?そのメリットとデメリットをご紹介   こんにちは、SEEDです。弊社では、オフィスなどでよく使われる「システム天井」の施工を専門的に手掛けています。多くのオフィスで採用されているシステム天井ですが、実際のところどのような機能があるのでしょうか。今回はシステム天井の種類や、そのメリット・デメリ […]
  • ボード張りとはどんな工事?ボード張りとはどんな工事? 一般住宅やマンションやビルなど、建築工事に欠かせないのが「ボード張り」と呼ばれる作業です。 ここでは、ボード張りとはどのような工事なのか、また主に使用される石膏ボードとは何なのか、詳しく紹介します。 ボード張り工事とは? 木造住宅、鉄筋コンクリート造りの住居やビルなど […]
  • 吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説!吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説! 「吊り天井」という構造を採用している建物は数多いです。ですが、吊り天井にはメリットがある一方で天井ボードが落下する危険もあり、特に東日本大震災以後は耐震性への不安が高まりました。吊り天井に関心を持つ方にとっては吊り天井の安全性は特に気になるところだと思います。そこで本記事では、 […]
  • テナント工事は居抜き物件とスケルトンならどちらがおすすめ? オフィスを移転しようと不動産物件を探していると、「居抜き」と「スケルトン」という用語が目に入ります。今回はテナント工事により快適な空間をつくるためにはどちらを選択すべきなのか、プロの視点からご紹介します。   「居抜き」と「スケルトン」の違いとは? 「居 […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop