システム天井でパナソニック製品の商材を使用するメリットは?|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

システム天井でパナソニック製品の商材を使用するメリットは?

2021/02/15

一般住宅ではあまり使用されることはありませんが、オフィスなどでは「システム天井」という建材が多く利用されています。国内外で有名なメーカー「パナソニック株式会社」も、システム天井の建材に参入しています。今回の記事では、パナソニック株式会社のシステム天井を使用するメリットについてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

システム天井とは

昔の建物には天井がなく、構造体である屋根を支える梁がそのままむき出しになっていました。もちろん今でも、天井がない建物は存在しますが、衛生面や安全面を保つため天井があることがスタンダードになっています。
たとえば、天井がなく梁がむき出しになっている場合は、どうしても木材である梁にゴミや埃が蓄積していきます。高い場所にある梁の掃除をするのは容易ではなく、梯子などを利用しなくてはいけませんので、常に危険を伴います。
また、建物の中に天井を設置することで、部屋の中の温度や湿度を快適に保つことができますし、天井裏を物置として利用することも可能です。

前置きが長くなりましたが、システム天井とは、構造物の天井裏にあたる部分から金属のボルトなどで格子状の枠組みを吊り下げて、その表面に石膏などの天井ボードを取り付けて仕上げた吊り天井の一種です。
一般的な天井では、構造体の下地に石膏ボードを打ち付けて、その上にクロスを貼って仕上げています。それに対してシステム天井は、照明などの設備をボード材と一体にして、下地や枠に組み込み、仕上げていきます。
システム天井は石膏ボートとは違い、クロスを貼る必要がない完成品として仕上げられており、設置さえしてしまえばそのまま使用することができます。

 

システム天井のメリット

システム天井のメリットは「施工がとても簡単」「機能性に優れている」「メンテナンス性に優れている」といった点が挙げられます。
この中でも「メンテナンスのしやすさ」は最大の特徴で、レイアウトの変更や照明器具や空調などの設備の移設にも柔軟に対応できます。

 

システム天井のデメリット

多くのメリットをもつシステム天井ですが、吊り天井という性質から、どうしても落下の危険性があります。
また、サイズや材質の特性から、他の天井と比較すると吸音性や防音性能が劣るとされています。

 

パナソニックのシステム天井を使用するメリット

建物に使用する建材を取り扱う様々な会社で、システム天井を製造・販売しているわけですが、大手メーカーとして知られるパナソニック株式会社でも独自の技術でシステム天井を開発しています。
パナソニックのシステム天井「エアリライト」を、オフィスの天井などの使用するメリットを紹介します。

 

軽さは業界トップクラス

「エアリライト」という名前は、天井の未来をリライトするという意味をもちます。
天井材の軽さは「やさしさ」と考え、厚みはわずか4mmで、1㎡あたりの重量はたったの560gです。
560gというのは、従来のシステム天井と比較すると相当な軽さです。
前項で、吊り天井のデメリットとして落下の危険性を挙げましたが、一般的な石膏ボードよりも相当軽量であることから、万が一天井が落下したときでも衝撃荷重を大幅に削減できます。
また、厚みがわずか4mmではありますが、面剛性はしっかり確保されています。
ボードは、アルミシート、発泡ウレタン樹脂といった異なる素材を新開発の複層成形技術により1枚のボードにしています。
そのため、たわみにくくなっていて、不燃材料として国土交通大臣認定も取得しています。

 

省施工を実現

システム天井のメリットとして、施工がとても簡単であることを紹介しましたが、「エアリライト」もその点が大きな魅力です。
ボードの裏面にオリジナル金具を装備することにより、さらなる省施工を実現しています。
業界トップクラスの軽量性を活かして、マグネットでピタッと仮固定も可能です。
独自の施行方法は現在特許出願中とのことです。
ちなみに、一般的な9.5mmの石膏ボードを1枚設置する施工時間が約80秒なのに対して、「エアリライト」の施工時間はその半分の約40秒です。

 

災害に強い

「エアリライト」は、火災にも地震にも強いことが証明されています。
燃焼性試験では、40m下から約2分燃え尽きるまで火を当て加熱しましたが、燃え落ちることはありませんでした。
耐震性試験では、水平震度6強でも落下は一切起きませんでした。

 

パナソニックのシステム天井用照明器具とは

システム天井は、天井裏に設置する照明などと一緒に仕上げていくことを紹介しましたが、パナソニックでも様々な「システム天井用照明器具」を用意しています。
パナソニックの「システム天井用照明器具」は、優れた意匠性と機能性により、オフィスなどの快適な天井空間づくりをサポートします。システム天井に最適なLED照明器具も、多数ラインナップされているので、オフィスの雰囲気や利用目的に合わせて選びたいたいですね。

 

まとめ

大手電機メーカーのパナソニック株式会社では、オフィスなどで利用されるシステム天井の開発も手掛けています。

 

→SEEDの店舗・オフィスの内装工事についてはこちら

 

関連記事

  • 快適なオフィスを作るための基礎知識   いまやオフィス・デザインは、会社の業績を左右する上で欠かせない要素。雰囲気のよいオフィス空間は社員のモチベーションを育み、クリエイティブなアイデアの創出を導きます。特にスタッフの入れ替わりが激しい業界にとっては、居心地のよいオフィス空間は人材定着を促す上で大 […]
  • 転職する価値は十分にある!建築業の魅力ややりがいを紹介 建設業は、日本のGDPの約5%を占めている仕事です。近年では、東日本大震災からの復興や東京オリンピックの影響で需要も高まっており、転職を考えている方も多いでしょう。とはいえ、「具体的にどのようなメリットがある仕事なのかわからない」という方もいるかもしれません。そこで今回は、建築 […]
  • 内装工とは?仕事内容・年収・仕事環境・資格を網羅的に解説!内装工とは?仕事内容・年収・仕事環境・資格を網羅的に解説! 建築業界において欠かせないお仕事の一つが「内装工」です。 内装工は、依頼主の要望に応じて最適な空間をイメージしつつ、さまざまな材料を使いながら室内空間を美しく仕上げていきます。 そんな内装工は、室内の壁・床・天井から設備・器具に至るまで、内装のあらゆる要素に関わる内装工事の […]
  • 内装業に資格は必要?おすすめ資格+資格取得のメリットを解説内装業に資格は必要?おすすめ資格+資格取得のメリットを解説 内装業の仕事内容は、軽鉄工事・クロス貼り・塗装など多岐にわたります。 そんな内装業を行うのに、「資格」は必要なのでしょうか? 疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。 結論からいうと、内装業を営むこと自体には、これといった資格は必要がありません。 ただし、規模が大きい […]
  • システム天井の施工面における安全対策とは? メンテナンスが容易で柔軟なレイアウト変更が可能なシステム天井。屋内空間でありながら天井であるため高所の作業になることや、軽量鉄骨などの長尺の躯体や電動工具を扱うため、入念な安全確保が必要になります。今回はSEEDで行っている施工時の安全対策についてご紹介します。 […]
  • 原状回復(復旧)とは?現状復帰・現状回復との違いを徹底解説!原状回復(復旧)とは?現状復帰・現状回復との違いを徹底解説! 皆さんは「原状回復」と「原状復帰」の違いをご存知でしょうか?他にも「現状回復」や「原形復旧」といった似たような表現もあります。中には、「紛らわしい!」「意味の違いを知りたい」と思う方いるかもしれません。そこで、本記事では「原状回復」と「原状復帰」の違いやその他の類似語について分 […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop