ジプトーンとは?ジプトーンを使うメリットとデメリットを解説|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

ジプトーンとは?ジプトーンを使うメリットとデメリットを解説

2021/06/21

みなさんは「ジプトーン」をご存知でしょうか?ジプトーンとは化粧石膏ボードの商品名のことで、天井の素材として使われます。ジプトーンには様々なメリットがあり、広く普及しています。ただ、ジプトーンが具体的にどのようなものかは意外と知られていないのではないでしょうか。
みなさんの中には、「そもそもジプトーンとはどんなもの?」「ジプトーンには具体的にどんなメリットがあるの?」「ジプトーンのデメリットは?」などなど、ジプトーンに関する疑問をお持ちの方もいると思います。そこで本記事では、ジプトーンのメリット・デメリットなどについて分かりやすく解説していきます。ジプトーンに興味がある方はぜひ参考にしてくださいね!

ジプトーンとは?

「ジプトーン」とは、縞模様の不規則な穴が開いたデザインが特徴的な天井材で、吉野石膏株式会社がリリースした化粧石膏ボードの商品名のことです。
オフィスや商業施設・公共施設などによく採用されているので、見た記憶があるという方も多いと思います。

 

ジプトーンのメリット

ジプトーンには以下のようなメリットがあります。

  • 価格が比較的低い
  • ネジが目立たないので外観を損なわない
  • 壁紙の仕上げや目地処理が必要ないので短期間で完成できる
  • 防音効果がある
  • 不燃材なので建築基準法の内装制限を容易にクリアできる
  • 天井裏が見えやすいので改修するのが楽

 

ジプトーンのデメリット

残念ながらジプトーンにはメリットだけではなくデメリットも存在します。
以下のようなデメリットがあります。

  • 古臭い感じがする
  • 模様のデザインが少し怖い
  • 見た目がチープな感じがする

主に見た目上のデメリットなので、意匠性にこだわる場合には気になる点かもしれません。

 

ジプトーンを隠す方法

ジプトーンがむき出しになっていると、見た目の点で気になるという方もいると思います。
そこで、ジプトーンを隠す方法をご紹介します。

クロスを貼る

ジプトーンの上からクロス(壁紙)を貼ると、簡単に隠すことができます。
ただ、ジプトーンにはたくさんの穴が開いていて凹凸があるので、そのままクロスを貼ると時間が経過するとはがれ落ちてしまう可能性があります。
そこで、下地の凹凸をなくして平らにする「パテ処理」を行ないます。
パテ処理以外にもジプトーンの上にベニヤ板を貼る方法もありますが、こちらは少しコストが高くつきます。

塗装する

ジプトーンを隠すには「塗装する」という方法もあります。ジプトーンの上から直接塗装していきます。
壁紙を貼る方法より安価で済むので、費用対効果の高い方法と言えるでしょう。

 

ジプトーンの塗装手順

では、ジプトーンを塗装する際の手順をご紹介します。

天井の汚れを掃除する

塗装する下地となるジプトーンについたカビやホコリなどの汚れを掃除します。
カビを取るには、ホームセンターなどに売っている壁紙施工用の防カビ剤を使用するとよいでしょう。

下地に浸透シーラーを塗る

下地に「浸透シーラー」を塗ります。
浸透シーラーとは、塗装が定着しやすくするための下塗り材のことです。
浸透シーラーを塗った上で塗装した方が、いきなり塗装する場合よりも塗装が長持ちします。

浸透シーラーが乾くまで待つ

浸透シーラーが乾くまで待機します。しっかり乾くまで2時間ほどかかります。

白いペンキを塗る

浸透シーラーが乾いたらその上から白いペンキを塗っていきます。

乾くまで待機し、2度塗り

白ペンキが乾ききるまで待機します。乾ききったら再度白いペンキを塗ります。
この時、白いペンキではなく他の色のペンキを塗っても構いません。白いペンキの上に他の色のペンキを塗ると、より鮮やかになります。

塗料が乾く前に養生をとる

塗料が完全に乾ききる前のタイミングで養生を外します。
まだ乾いてない状態で養生を外すとペンキが飛び散ったり広がったりする危険があり、逆に完全に乾いてから養生を外すとせっかく塗ったペンキも一緒にはがれてしまうおそれがあるからです。

塗り残しがあれば塗り直す

塗装が完了したあとに、もし塗り残しがあれば再度塗り直します。
以上でジプトーンの塗装の手順は終了です。

まとめ

以上、ジプトーンのメリット・デメリットなどをご紹介しました。
オフィスの天井はそこで働く人に大きな影響を与えるので、ジプトーンへの改装を検討する際にはメリットとデメリットをしっかりと見極めた上で決められるとよいでしょう。

もしジプトーンへの改装を検討中の方がいましたら「株式会社SEED 」にご相談ください。
当社は東京・千葉・福岡でシステム天井や店舗・オフィスの内装工事を行なっております。

当社は
「店舗・オフィスの内装工事」の施工実績200件
「システム天井」の施工実績1,000件
という豊富な実績を有しております。

確かな施工品質と迅速かつ柔軟な対応力で、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供することが我々のモットーです。
ご相談の際には経験豊富なスタッフが誠実に対応させていただき、お客様のご予算とご要望に応じたベストなパフォーマンスをご提供いたします。
東京・千葉・福岡でシステム天井や内装工事を検討中の方は「株式会社SEED 」にぜひお任せください!

→SEEDの内装仕上げ工事についてはこちら

関連記事

  • 天井の防音対策の基本をチェック!上の階の音が気になる時はどうする?天井の防音対策の基本をチェック!上の階の音が気になる時はどうする? オフィスで仕事をしている時に、「上の階がうるさくて仕事に集中できない!」といったご経験はありませんか? 上の階から大きな話し声や足音などが聞こえると、うるさくて業務に支障をきたすこともありますよね。 そんな時は、天井の防音対策を行うのがおすすめです。 防音リフォームなど天 […]
  • 転職する価値は十分にある!建築業の魅力ややりがいを紹介 建設業は、日本のGDPの約5%を占めている仕事です。近年では、東日本大震災からの復興や東京オリンピックの影響で需要も高まっており、転職を考えている方も多いでしょう。とはいえ、「具体的にどのようなメリットがある仕事なのかわからない」という方もいるかもしれません。そこで今回は、建築 […]
  • 体育館や避難所等でおすすめ!2kg/㎡以下の超軽量天井SLC工法(吊り天井)で耐震化!体育館や避難所等でおすすめ!2kg/㎡以下の超軽量天井SLC工法(吊り天井)で耐震化! 2011年以降、防災の観点から体育館や避難所の吊り天井の耐震性が見直されたことをご存知ですか? 既存の吊り天井や新築の吊り天井で、落下によって重大な危害が生じるおそれがある天井は「特定天井」とされ、検証・落下防止対策が必要となっています。 そのため、特定天井に該当しない吊り […]
  • Tバーとシステム天井の関係は?バー材や野縁について解説Tバーとシステム天井の関係は?バー材や野縁について解説 一般住宅の多くは、木造の在来工法によって建築されています。そのため、天井も大工さんが専用の木材を使用して組み立て、そこにボードとクロスを貼って仕上げるのが一般的です。しかし鉄骨造りやRC造の建物では、軽天材を使用した「吊り天井」が用いられています。ここでは、吊り天井の1種である […]
  • システム天井とは?そのメリットとデメリットをご紹介   こんにちは、SEEDです。弊社では、オフィスなどでよく使われる「システム天井」の施工を専門的に手掛けています。多くのオフィスで採用されているシステム天井ですが、実際のところどのような機能があるのでしょうか。今回はシステム天井の種類や、そのメリット・デメリ […]
  • 内装工事業者の見分け方を解説。費用の安さだけを見るのは危険です!内装工事業者の見分け方を解説。費用の安さだけを見るのは危険です! 働きやすいオフィスを作るためには、内装にも気を配る必要があります。そして、工事を行う場合は内装工事業者に依頼することになるでしょう。 工事が成功するかどうかは業者の能力にかかっていますが、どのような業者に依頼すればいいのでしょうか。ここでは、内装工事業者を選ぶ際のポイント […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop