内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説

2021/07/24

内装業者が「LGS」と言っているのを聞いて「なんだろう?」と思ったことはありませんか?LGSとは壁や天井の下地材として使われる「軽量鉄骨」のことです。内装工事では湿気の変動による「反り」「曲がり」「割れ」が少ないLGSがよく使われます。
この記事ではLGSのメリット・デメリットを中心に工事手順などを分かりやすく解説します。

LGSとは?

LGSとは「Light Gauge Steel」の略称で、壁や天井の下地材として使われる「軽量鉄骨」を意味します。
厚さは1.6ミリメートルから4.0ミリメートルほどで、「溝形」「山形」「Z形」など様々な形状があります。
LGSは下地材なので壁紙や塗装に隠れて直接見る機会は少ないと思いますが、内装に欠かせない重要な部材です。

LGSのメリット

LGSには以下のようなメリットがあります。

  1. 変化しにくく安定している
    木の素材だと湿度の変化によって反り返ったり曲がったり割れたりすることがありますが、LGSは変化が少なく素材としてとても安定しています。

  2. 効率性・作業スピードの高さ
    LGSは「スタッド」と「ランナー」で組み立てる単純な仕組みなので、木の素材に比べるとより効率的でスピーディーな施工を行なうことが可能です。

  3. 軽量なので持ち運びが容易
    LGSは軽量なので容易に持ち運ぶことができます。作業員への負担が軽減するので、作業効率もアップします。

  4. 壁の内側に配線や配管を通しやすい
    LGSで施工すると壁の内側に電気配線や配管設備を通しやすいという利点があります。

  5. シロアリ被害の防止
    LGSは軽くても鉄骨なので、木材とは異なりシロアリ被害を受けずに済むのも特長です。

  6. 耐火性に優れている
    耐火性に優れるLGSなら何かと火を使う台所周辺でも安心です。

LGSのデメリット

メリットの多いLGSですが、残念ながらデメリットの方も存在します。

次のようなものです。

  1. 微妙な調整が難しい
    木材であれば削ったり重ねたりしてこまかく微妙な調整が可能ですが、LGSではそういった調整が難しいのが欠点です。

  2. 火気の制御に難点
    LGSは溶接する場合が多いほか、電動丸ノコで切断する時には火ばなが飛び散るので、火気の制御に難点があります。

  3. 古い木造家屋との相性が悪い
    LGSは下地が正確なコンクリートにはしっかり適合しますが、古い木造建築などのデコボコがある下地だと施工のクオリティが下がってしまいます。

LGSを使う軽天工事の手順

LGSを使用して壁や天井などの骨格を構築していく作業を「軽天工事」と言います。
軽量の鉄骨を使って天井まで組み上げていくことから、この名称で呼ばれています。
ここでは軽天工事の手順をご紹介します。

  1. アンカーを打ち込む
    天井の構造部分にドリルを使用して穴を空け、アンカー(筒状の金具)を打ち込みます。

  2. 吊りボルトを取り付ける
    アンカーの内側にある雌ねじに「吊りボルト」という細長い金具を取り付けます。
    通常は約9.5ミリメートル径の吊りボルトが使用されますが、より重い天井の場合は約12.7ミリメートル径の吊りボルトが使用されます。

  3. 鋼材を吊り下げる
    長い鋼材をハンガーに取り付けた上で、さらに下の方で別の鋼材を格子状にビス留めします。
    こうすることで格子が天井から吊り下げられる形になります。

  4. 仕上げ
    格子状の鋼材に石膏ボードをビス留めしてから、壁紙などの天井材を貼り付けて内装を仕上げていきます。

まとめ

LGSには多くのメリットがある一方でデメリットも存在しますので、その双方をよく見極めた上で施工を依頼するかどうかを決めることが大切です。
LGSの施工を検討する際には、この記事でご紹介したポイントをぜひ判断材料にしてくださいね。

 

LGSのメリットを最大限にいかすには、それ相応の知識・経験・技術が必要になります。
実力のない業者が施工を行なうと、LGSのメリットを最大限にいかすことはできません。

LGSの施工をお考えの方は実績のある信頼できる業者を選ぶことが大切です。
でも、たくさんの業者の中から一体どの業者を選んでよいか迷う方もいると思います。
そんな時は「株式会社SEED」にお任せください。

当社は東京・千葉・福岡でシステム天井の施工・店舗やオフィスの内装工事を行なっております。
確かな施工品質と迅速かつ柔軟な対応力で、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供することが我々のモットーです。

当社の店舗・オフィス内装工事の特長は次の3つです。

  1.  豊富な実績
    当社はこれまでの累計施工実績1,000件以上という豊富な実績を持っております。
  2. 柔軟な対応力
    これまでの経験で培われた知識・判断力・技術によって、現場で起こる不測の事態にも臨機応変に対応することが可能です。
    お客様から頂いたご要望を完璧に実現することをお約束致します。
  3. 万全のアフターフォロー
    全てはお客様の満足のために。工事後も万全のアフターフォローでお客様を手厚くサポート致します。
    経験豊富なスタッフが、真心をこめて誠実に対応させて頂きます。


店舗・オフィスの内装工事だけでも累計200件の施工実績を持つ当社には、専門業者として他社にはない強みを有しておりLGSのことも知り尽くしております。

LGSの施工は「株式会社SEED」にぜひお任せください!

 

→SEEOの店舗・オフィス内装工事についてはこちら

 

関連記事

  • テナント工事は居抜き物件とスケルトンならどちらがおすすめ? オフィスを移転しようと不動産物件を探していると、「居抜き」と「スケルトン」という用語が目に入ります。今回はテナント工事により快適な空間をつくるためにはどちらを選択すべきなのか、プロの視点からご紹介します。   「居抜き」と「スケルトン」の違いとは? 「居 […]
  • 内装のプロフェッショナル!内装工に向いている人とは? 皆さんこんにちは。店舗・オフィス等の内装仕上げ工事を手掛けている、東京都江戸川区の株式会社SEEDです。皆さんは、内装工と聞いてどのような仕事をイメージされるでしょうか。小学生男子の将来つきたい職業アンケートでは、「大工さん・建築家」が5位(学研教育総合研究所/2018年)とい […]
  • 内装業に資格は必要?おすすめ資格+資格取得のメリットを解説内装業に資格は必要?おすすめ資格+資格取得のメリットを解説 内装業の仕事内容は、軽鉄工事・クロス貼り・塗装など多岐にわたります。 そんな内装業を行うのに、「資格」は必要なのでしょうか? 疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。 結論からいうと、内装業を営むこと自体には、これといった資格は必要がありません。 ただし、規模が大きい […]
  • システム天井の施工面における安全対策とは? メンテナンスが容易で柔軟なレイアウト変更が可能なシステム天井。屋内空間でありながら天井であるため高所の作業になることや、軽量鉄骨などの長尺の躯体や電動工具を扱うため、入念な安全確保が必要になります。今回はSEEDで行っている施工時の安全対策についてご紹介します。 […]
  • 日本で働きたい方は必見。技能実習生関連のよくあるトラブルと、企業をチェックするポイント こんにちは、江戸川区に拠点を置き内装仕上げ工事を行っているSEEDです。現在、ベトナムやマレーシアなどから多くの研修生が日本に働きに来てくれています。しかし、実際どんな企業で働くべきなのかがわからず、苦労している方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな方のために、 […]
  • 耐震天井とは?特定天井との違いを分かりやすく解説!耐震天井とは?特定天井との違いを分かりやすく解説! 2011年に発生した東日本大震災では、全国の数多くの建物で天井が崩壊するという被害が相次ぎました。それを受けて政府は、崩落によって甚大な被害をもたらす危険がある天井を「特定天井」と定め、耐震基準を見直しました。一方で、「特定天井」に似た言葉として「耐震天井」というものもあります […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop