膜天井とはどんな天井?メリットや施工方法をご紹介!|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

膜天井とはどんな天井?メリットや施工方法をご紹介!

2021/08/23

みなさんは「膜天井」という物をご存じでしょうか?
膜天井とは柔らかい膜素材でできた天井のことを言います。

膜天井には高い耐震性や軽量化されている点、優れたデザイン性など様々な特長があります。
この記事では、膜天井のメリットや施工方法などについて分かりやすく解説します。
膜天井の施工を検討中の方はぜひ参考にしてくださいね!

膜天井とはどんな天井?メリットや施工方法をご紹介!

膜天井とは?

「膜天井」とは、柔らかい膜素材で作られた天井のことです。
2011年に発生した東日本大震災では、全国で体育館や商業施設など大型施設の天井が落下する被害が相次ぎました。
これを受けて政府は、「脱落によって重大な危害を生ずるおそれがある天井」を「特定天井」と定め、災害時に落下する危険がある天井を規制するようになりました。

ところが、つり材を使用しない膜天井は「特定天井」に該当しません。
それだけ安全性・耐震性に優れた天井なのです。

膜天井のメリット

膜天井には以下のようなメリットがあります。

 

➀軽くて安全性に優れている
膜天井の最大の特長はその軽さにあると言ってよいでしょう。
非常に軽量なため、万が一落下するようなことがあっても屋内にいる人や物に対する衝撃を和らげることが可能です。

➁頑丈である
膜天井は薄くて軽いのに、とても頑丈なのも特長です。
落ちてきた物体を受け止められるほどの強靭さがあるので、避難するための時間を稼ぐこともできます。

➂柔軟なため衝撃に強い
膜天井は柔軟な材質なので急激なショックにも強く、地震が起きて大きな揺れが生じても衝撃を吸収し屋内の安全を保つことができます。

④屋内を明るくする
光を反射する特性を持っているので、室内の照明や窓から入る日光を反射して屋内をより明るくします。

⑤湿気に強い
天井落下の原因の一つが湿気ですが、膜天井は湿気を吸収するため湿気の弊害を抑えることが可能です。

⑥優れたデザイン性
膜天井は薄くて柔らかい素材なので、比較的自由に加工することができます。
そのため、設置する建物のイメージに合わせた自由なデザインが可能となっています。

膜天井の施工方法

膜天井の施工方法をご紹介します。

 

工法には主に次の3種類があります。

  • 全周定着タイプ・・・フレームを組んで、ロープやアルミ製の定着システムによって膜素材を定着させる工法
  • 2辺定着タイプ・・・膜の両端のみを固定して、張力をかけることなく自由に垂れ下げる工法
  • ポイントサスペンションタイプ・・・膜の周辺に所々金具を取り付けて張力を持たせる工法

 

膜天井は以下の手順で施工を行ないます。

  1. 天井に足場を構築し下地フレームを取り付けます。
  2. 寸法を測った上でブラケットを取り付けます。
  3. 膜天井を支える部材(支持部材)を取り付けます。
  4. 支持部材をブラケットに取り付けます。
  5. 膜天井の施工完了です。

まとめ

最後に膜天井のメリットをおさらいしておきましょう。

  • 軽くて安全
  • 頑丈
  • 柔軟で衝撃に強い
  • 光を反射し屋内を明るくする
  • 湿気に強い
  • デザイン性に優れている

地震などの災害が多発している昨今、安全性や耐震性に優れる膜天井はこれから益々注目されていくでしょう。
みなさんもぜひ導入を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

膜天井は安全性・耐久性・デザイン性に優れた、非常に高品質な天井です。
とは言え、膜天井の性能を引き出すには優れた技術力が不可欠です。
それだけに膜天井の施工では業者選びが重要になっています。

 

専門業者としての強みを有する「株式会社SEED」なら安心してお任せいただけます。

当社は東京・千葉・福岡でシステム天井の施工・店舗やオフィスの内装工事を行なっております。
確かな施工品質と迅速かつ柔軟な対応力で、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供することが我々のモットーです。
当社はお客様から頂いたご要望を完璧に実現できるように日々技術の向上に努めております。

 

当社の最大の特長は次の3つです。

  1. 豊富な実績
    当社はこれまでの累計施工実績1,000件以上という豊富な実績を持っております。
    内装工事だけでも累計200件にも上ります。
  2.  柔軟な対応力
    これまでの経験で培われた知識・判断力・技術によって、現場で起こる不測の事態にも臨機応変に対応することが可能です。
    本当にお客様が望む物をお作りするために、しっかりとお話を伺い、お客様のニーズに合わせた最適な施工をいたします。
    お客様からいただいたご要望を完璧に実現することをお約束します。
  3.  万全のアフターフォロー
    お客様が本当の意味で工事の品質を実感できるのは、その空間を利用したとき。
    当社はメンテナンスやトラブル対処などのアフターフォローも、本工事と同じように重要だと考えています。
    施工後も迅速かつ柔軟にフォロー・サポートいたしますので、ぜひ安心してご依頼ください。
    経験豊富なスタッフが、真心をこめて誠実に対応させていただきます。

膜天井の施工は「株式会社SEED」にぜひお任せください!

 

→オフィス・店舗の天井はSEEDにお任せください

 

関連記事

  • 耐震天井とは?特定天井との違いを分かりやすく解説!耐震天井とは?特定天井との違いを分かりやすく解説! 2011年に発生した東日本大震災では、全国の数多くの建物で天井が崩壊するという被害が相次ぎました。それを受けて政府は、崩落によって甚大な被害をもたらす危険がある天井を「特定天井」と定め、耐震基準を見直しました。一方で、「特定天井」に似た言葉として「耐震天井」というものもあります […]
  • ジプトーンとは?ジプトーンを使うメリットとデメリットを解説ジプトーンとは?ジプトーンを使うメリットとデメリットを解説 みなさんは「ジプトーン」をご存知でしょうか?ジプトーンとは化粧石膏ボードの商品名のことで、天井の素材として使われます。ジプトーンには様々なメリットがあり、広く普及しています。ただ、ジプトーンが具体的にどのようなものかは意外と知られていないのではないでしょうか。 みなさんの中に […]
  • 軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説 建物には天井がありますが、天井をつくるためには下地が必要となります。 ここでは、軽天の下地や、その組み方について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。   軽天の下地について 軽天とは「軽量鉄骨天井下地」を略した言い方です。 木造の一般住宅の場合は […]
  • 内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説内装工事でよく聞くLGSとは?LGSの特徴をわかりやすく解説 内装業者が「LGS」と言っているのを聞いて「なんだろう?」と思ったことはありませんか?LGSとは壁や天井の下地材として使われる「軽量鉄骨」のことです。内装工事では湿気の変動による「反り」「曲がり」「割れ」が少ないLGSがよく使われます。 この記事ではLGSのメリット・デメリッ […]
  • マンションの天井に断熱材を入れて改修する方法を徹底解説!マンションの天井に断熱材を入れて改修する方法を徹底解説! マンションの天井などに、断熱材を入れられるのをご存じでしょうか? マンションは、一戸建て住宅に比べると、冬は暖かく夏は涼しく過ごせる場合が多いですが、物件の構造や立地条件によって、冬はより寒く、夏はより暑くなることがあります。特に最上階は、外気に触れる面積が大きいため、気温の […]
  • オフィスのスケルトン天井の注意点とは? オフィスの内装工事を検討するにあたり、おざなりにされがちなのが天井。しかし天井の重要性をあなどってはいけません。心地よく生産性の高いオフィス空間をつくるためには、適切な天井高さを確保することが必要です。また空間全体を覆う部位であるため、デザインという面にも着目したいもの。 […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop