吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説!|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説!

2021/05/24

「吊り天井」という構造を採用している建物は数多いです。ですが、吊り天井にはメリットがある一方で天井ボードが落下する危険もあり、特に東日本大震災以後は耐震性への不安が高まりました。吊り天井に関心を持つ方にとっては吊り天井の安全性は特に気になるところだと思います。そこで本記事では、吊り天井とは何かについて、そのメリットとデメリットを中心に分かりやすく解説します。ぜひ参考にしてくださいね。

吊り天井と直天井の違い

建物の天井の構造には大きく分けて「吊り天井」と「直天井」の2種類があります。

直天井は建物の構造の内側の上方をそのまま天井とするのに対し、吊り天井は建物の天井裏から金属のボルトなどを使用して格子状の枠組みをつり下げ、表面に天井ボード(石膏などで作る)を取り付けたものを指します。

2011年に発生した東日本大震災の際に吊り天井の天井ボードが落下する事故が相次いだため、大型施設の吊り天井については一定の条件を充たすものは「特定天井」と定められ、高い安全性が求められることになりました。

 

吊り天井にするメリット

吊り天井にするメリットについてご紹介します。

 

高い遮音効果

吊り天井には高い遮音効果があります。

吊り天井にすると構造物と天井ボードの間に空間ができるので、構造物の振動をある程度やわらげることが可能となり、天井から階下への音が伝わりにくくなります。

また、構造物と天井ボードの間の空間に防音材・遮音材・吸音材などを取り付けることにより、階下から天井への音の伝達を抑えることができます。

 

空調など諸設備の設置スペースができる

吊り天井にすることで生じたスペースに、配線などの電気設備・水道・空調などの諸設備を設置することができます。

様々な設備が天井ボードで隠れるので見た目がすっきりするほか、メンテナンスも容易になります。

 

壁紙やクロスを貼ると長持ち

吊り天井は直天井の場合と違って湿気などの影響を受けにくくなるので、壁紙やクロスを貼ることで長持ちしやすくなります。

 

吊り天井にするデメリット

吊り天井にはメリットも多いですが、残念ながらデメリットも存在します。デメリットは主に2つあります。

 

耐震性に不安

建造物の天井裏から枠組みを吊り下げる構造になっているので、地震が発生するなどして大きな振動があると連動して揺れてしまいます。

そうすると、負荷に耐え切れずに破壊されたり落下したりする危険があります。

実際に、東日本大震災の際には全国で吊り天井の落下事故が相次ぎました。

 

「特定天井」に該当する場合は基準を充たす必要

吊り天井の中でも体育館やホールなどの大型施設の吊り天井は、政府が定めた「特定天井」に該当する場合があります。

「特定天井」とは東日本大震災の後に定められたもので、特に高い耐震性を要求される吊り天井のことです。

特定天井に該当する場合は、特定の条件を充たすために構造を整備する必要があり、そのための費用や労力がかかってしまいます。

 

吊り天井のメリットと耐震性を兼ね備えた「膜天井」

以上ご説明したように、吊り天井にはメリットも多い一方でデメリットもあります。
デメリットの中でも最大のものが耐震性の不安と言えるでしょう。
でも、吊り天井のメリットを持ちながら耐震性も兼ね備えた、まさに「いいとこ取り」の天井があります。それが「膜天井」です。
膜天井は吊り材が必要ないため吊り天井のメリットを持ちつつも特定天井に該当しません。
軽さ・柔らかさと強度を兼ね備えているので高い耐震性を持っているほか、空間をデザインする意匠性にも優れています。
吊り天井のデメリットを回避しつつメリットをいかすためには、「膜天井」は有望な選択肢と言えるでしょう。

 

まとめ

以上、吊り天井のメリットやデメリットについて解説しました。いかがだったでしょうか?
吊り天井にはメリットとデメリットがあるので、双方を見比べながら導入するかどうかを決めるとよいでしょう。
さらに、吊り天井のメリットをいかしつつデメリットを回避できる「膜天井」という選択肢もおすすめです。

高い安全性が要求される吊り天井や膜天井の設置のためには信頼できる確かな業者を選ぶ必要があります。業者は数多いので、どの業者に頼むか迷う方もいるかもしれません。
そういう時は東京・千葉・福岡で、システム天井・店舗・オフィス内装工事を行なっている「株式会社SEED」にお任せください。

当社の特長は、

  1. 実績(PERFORMANCE):累計実績1,000件以上
  2. 経験力(EXPERIENCE):様々な現場を想定できる経験力
  3. 知識(KNOWLEDGE):長年のノウハウでお客様の要望を実現

豊富な実績・経験力・知識に裏打ちされた確かな品質と迅速かつ柔軟な対応力で、お客様のニーズに沿ったサービスをご提供します。

吊り天井・膜天井のことなら「株式会社SEED」にお気軽にご相談ください!

 

→SEEDのオフィス内装工事についてはこちら

 

関連記事

  • 軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説 建物には天井がありますが、天井をつくるためには下地が必要となります。 ここでは、軽天の下地や、その組み方について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。   軽天の下地について 軽天とは「軽量鉄骨天井下地」を略した言い方です。 木造の一般住宅の場合は […]
  • オフィスの原状回復はどこまで?範囲・手順・費用相場を徹底解説!オフィスの原状回復はどこまで?範囲・手順・費用相場を徹底解説! オフィスの移転時には「原状回復」をしなければなりません。 原状回復とは、オフィスを移転する際に借りている物件を入居時の状態に戻すことを言います。 みなさんの中には、原状回復はどこまでやればいいのかや具体的な手順を知りたいという方もいると思います。 そこで、この記事では原状 […]
  • アルミ断熱シートとは?遮熱シートとの違いや効果的な使い方をご紹介アルミ断熱シートとは?遮熱シートとの違いや効果的な使い方をご紹介 暮らしのさまざまな場面で役に立つ「アルミ断熱シート」。 アルミ断熱シートとは、断熱効果を発揮することで温度を調節し、住環境を快適にしてくれる素材です。 中には100均で購入できる製品もあるため、上手に活用すれば費用を抑えつつ大きな効果を発揮します。 みなさんの中には 「 […]
  • システム天井でパナソニック製品の商材を使用するメリットは?システム天井でパナソニック製品の商材を使用するメリットは? 一般住宅ではあまり使用されることはありませんが、オフィスなどでは「システム天井」という建材が多く利用されています。国内外で有名なメーカー「パナソニック株式会社」も、システム天井の建材に参入しています。今回の記事では、パナソニック株式会社のシステム天井を使用するメリットについてご […]
  • 転職する価値は十分にある!建築業の魅力ややりがいを紹介 建設業は、日本のGDPの約5%を占めている仕事です。近年では、東日本大震災からの復興や東京オリンピックの影響で需要も高まっており、転職を考えている方も多いでしょう。とはいえ、「具体的にどのようなメリットがある仕事なのかわからない」という方もいるかもしれません。そこで今回は、建築 […]
  • 天井の種類は主に6つ!名称・特徴・メリットを徹底解説!天井の種類は主に6つ!名称・特徴・メリットを徹底解説! 普段何気なく目にしている「天井」。 天井にはいくつかの種類があることをご存じでしょうか? どのような種類の天井を採用するかによって室内の印象がガラッと変わります。 みなさんの中には具体的な天井の種類について知りたいという方もいると思います。 そこで、この記事では6種類の […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop