軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

軽天の下地とは?天井下地や組み方について解説

2021/02/25

建物には天井がありますが、天井をつくるためには下地が必要となります。
ここでは、軽天の下地や、その組み方について詳しく紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

軽天の下地について

軽天とは「軽量鉄骨天井下地」を略した言い方です。
木造の一般住宅の場合は天井の下地も木材で構成されていますが、最近では鉄骨造りの住宅も増えています。
ビルやマンションなどの大きな建物になると、木造ではなく鉄骨で建物が組まれているため、軽天工事が必要となります。
軽天工事では、天井だけではなく壁の骨格も組み立てます。
すなわち、建物の骨組みをつくるのが軽天工事の目的です。
軽天の天井下地に使用されているのは、「軽鉄」や「LGS」と呼ばれる材料です。

 

天井下地って何?

天井下地とは、その名の通りに建物の天井の下地であり、天井裏で組まれている骨組みのことです。
木造住宅で梁がむき出しになっている建物や、RC造りでコンクリートの打ちっぱなしの建物は、天井自体がない場合もあります。
また、下地のない「直仕上げ天井」と呼ばれる工法で構成されているケースもあります。
ただし、一般住宅では「直仕上げ天井」はまず見かけることはありませんし、梁がむき出しになっているケースでも、すべての部屋に天井がないのはごく稀です。
ほとんどの建物の部屋には天井があって、天井下地が組まれています。

 

軽天の下地の組み方

軽天の下地は、一般的には「天井のレベル出し」→「ボルト吊り」→「野縁受け掛け」→「野縁を渡す」→「レベル合わせ」の順番で組むことになります。
以下に、各工程の詳細を記載します。

 

天井レベルを出す方法

軽天下地を組むためには、最初に天井のレベル(高さ)を出さなくてはいけません。
天井の高さが分からないと、使用するボルトなどの部材の寸法も分からないので、工事に取り掛かることもできません。
軽天工事を行う軽天屋は、図面から天井の高さや使用する材料などを確認します。
加えて、天井を貼った後の使用方法も把握しておかなくてはいけません。
なぜなら、それによって天井下地に必要なものが変わってくるからです。
具体的には、吊戸棚やカーテンレールなどが天井を仕上げた後に取り付けられることを確認します。
天井の高さの確認が済んだら、次に墨出しを行い、壁に印をつけていきます。
墨出しには、レーザー墨出し器が必要になります。

 

ボルトを吊る方法

天井のレベルを出して墨出しを行ったら、次にボルトを吊ります。
ボルトは隣り合わせで900mm間隔に、壁際のボルトは壁から150mm以内で吊ります。
あらかじめインサート、アンカーが仕込まれているケースでは、ボルトをそれに応じて吊っていった後に、不足している部分にアンカーを埋め込みます。

 

野縁(のぶち)受けの掛け方

天井仕上げ工事において、野縁(のぶち)というのは仕上げ材となるボード類を張り付けるための下地に使用される棒状の部材のことです。
木造の場合は40mm程度の角材が使用されますが、軽天工事では鉄板を加工した中空断面の専用部材が使われます。
野縁受けというのは、野縁を受けるための部材で、基本的には部屋の短い方向に掛けます。
そうすると、野縁を長い方向に渡せることになります。
部屋の幅が野縁受けよりも短いときには、部屋の大きさに合わせて野縁受けをカットしなくてはいけません。
反対に野縁受けの長さが足りない場合は、ジョイント材を使用します。

 

野縁を渡す方法

野縁受けを掛け終わったら、今度はそこに野縁を渡していきます。
野縁も野縁受けと同様に、部屋の大きさに合わせて長さ調整を行わなくてはいけません。

野縁よりも部屋の幅が短いときには、それに合わせて野縁をカットし、野縁の長さが足りない場合は、ジョイント材を用いて野縁を繋げます。
このときには、隣の列の野縁とジョインがぶつからないに配慮しなくてはいけません。

野縁を渡し終えたら、野縁がたるみ過ぎない程度に両端と中の1ヵ所にグリップを掛け、野縁を仮留めします。
その後に野縁受けと野縁が波打たないように注意し、真っすぐに整えてグリップを野縁受けの方向に掛けていきます。
野縁受けと平行に隣り合っているグリップは、交互に掛けてください。
下地をしっかり整えることは、きちんとした天井下地を構成するとても大切な作業です。

 

レベルの合わせ方

最後にレベルを合わせて完了となります。
レベル合わせとは、天井を水平にすることで、そのためにはレーザー墨出し器が必要になります。

 

まとめ

軒天とは「軽量鉄骨天井下地」を略した言葉で、鉄骨造りの建物の壁や天井などの骨格を組み立てるのが軒天工事です。
鉄骨造りの建物の天井下地は、「軽鉄」や「LGS」と呼ばれる材料で出来ていて、それを組み立てる方法は「天井のレベル出し」→「ボルト吊り」→「野縁受け掛け」→「野縁を渡す」→「レベル合わせ」の順番で行われます。
ただし、これはあくまでも基本的な施工手順であり、使用する建材や現場によって天井下地の組み方は変わります。

 

→SEEDの店舗・オフィスの内装工事についてはこちら

 

関連記事

  • 内装工とは?仕事内容・年収・仕事環境・資格を網羅的に解説!内装工とは?仕事内容・年収・仕事環境・資格を網羅的に解説! 建築業界において欠かせないお仕事の一つが「内装工」です。 内装工は、依頼主の要望に応じて最適な空間をイメージしつつ、さまざまな材料を使いながら室内空間を美しく仕上げていきます。 そんな内装工は、室内の壁・床・天井から設備・器具に至るまで、内装のあらゆる要素に関わる内装工事の […]
  • システム天井はこうやって組む!設置の流れや注意点を紹介 SEEDが専門的に施工を手掛けているシステム天井は、多くのオフィスや施設で採用されています。施工が容易で工期が短く、経費も削減することが可能です。 加えて、レイアウトの自由度の高さやメンテナンスの簡便さといったメリットもありますが、実際の設置方法まではご存じない方が多いの […]
  • 【感染対策】飛沫感染を防ぐには、システム天井への間仕切り設置が有効です! 新型コロナウイルスの感染拡大以降、オフィスにおける感染対策は必須となりました。多くの人が働くオフィスでは、感染リスクが高いのは言うまでもありません。そこで今回は、間仕切りを使った感染対策をご紹介します。   オフィスでの飛沫感染対策には「仕切り」が有効 […]
  • 吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説!吊り天井とは?直天井との違いやメリット・デメリット解説! 「吊り天井」という構造を採用している建物は数多いです。ですが、吊り天井にはメリットがある一方で天井ボードが落下する危険もあり、特に東日本大震災以後は耐震性への不安が高まりました。吊り天井に関心を持つ方にとっては吊り天井の安全性は特に気になるところだと思います。そこで本記事では、 […]
  • 日本で働きたい方は必見。技能実習生関連のよくあるトラブルと、企業をチェックするポイント こんにちは、江戸川区に拠点を置き内装仕上げ工事を行っているSEEDです。現在、ベトナムやマレーシアなどから多くの研修生が日本に働きに来てくれています。しかし、実際どんな企業で働くべきなのかがわからず、苦労している方も多いのではないでしょうか。 今回はそんな方のために、 […]
  • 天井の種類は主に6つ!名称・特徴・メリットを徹底解説!天井の種類は主に6つ!名称・特徴・メリットを徹底解説! 普段何気なく目にしている「天井」。 天井にはいくつかの種類があることをご存じでしょうか? どのような種類の天井を採用するかによって室内の印象がガラッと変わります。 みなさんの中には具体的な天井の種類について知りたいという方もいると思います。 そこで、この記事では6種類の […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop