耐震性が高くて種類も豊富。パナソニックのシステム天井を紹介|東京・千葉・福岡でシステム天井工事、店舗・オフィス内装はSEED

03-6638-8530 03-6638-8530 03-6638-8530

お役立ちコラム

耐震性が高くて種類も豊富。パナソニックのシステム天井を紹介

2020/09/03


システム天井は、多くのオフィスで採用されている機能的な天井です。さまざまなメーカーから発売されており、それぞれが異なる強みを持っています。
弊社でも多く利用しており、おすすめできる商品の1つがパナソニックのシステム天井です。今回は、パナソニックのシステム天井の特徴や種類をご紹介いたします。

 

パナソニックのシステム天井は、耐震性も高く安心

パナソニックのシステム天井の大きな特徴は、耐震性がとても高いことです。あの東日本大震災では、天井の落下による死傷事故が多数発生しました。
建物自体の被害は軽微であったにも関わらず、天井の落下が悲劇をもたらしたケースさえあるのです。そのためパナソニックでは、過去の地震による被害を分析し、「システム天井の新耐震基準」を設定しました。

具体的にいうと、震度6弱の地震が発生したとしても、システム天井の落下(+それに至るほどの重大な被害)が発生しないことを目標にしています。震度5弱程度なら、ごく軽微な被害しか発生しません。加えて、システム天井を設置する部屋の重要度により、耐震グレードを設定しています。グレードの決め手となるのはブレース(筋交い)の数です。
さらに、ブレースの角度や配置方法、システム天井の固定方法、たわみ量の許容限度まで細かく指定しています。これらの配慮によって、パナソニックのシステム天井は高い耐震性を発揮できるのです。もちろん、正しく施工しなければ真価は発揮できません。ルールを守った正確な施工ができる業者を選ぶことも大切です。

 

パナソニックのシステム天井の種類

パナソニックからは、機能・デザインともに多様なシステム天井が発売されています。これらは部屋の使用目的や、状況に応じた使い分けが重要です。
パナソニック商品の主なラインナップや、実際の使用事例を見ていきましょう。

 

グリッドシリーズ

正方形の天井板を並べるタイプです。
専用の取付金具により、パーティションの取り付けが自由自在。さらに、すべての天井板がメンテナンス口となるため、メンテナンス性も優れています。
設備機器のユニット化により、レイアウト変更や原状回復も容易。利便性を重視する場合におすすめです。

 

ラインシリーズ

照明・空調設備をライン状に納めるタイプです。
天井面がスッキリと仕上がるため、シンプルなデザインを求める場合に向いています。長尺タイプならセンターTバーを省略でき、さらに広々とした天井に仕上げることが可能です。

 

クロスシリーズ

照明の配光が無方向性の天井です。
どの位置でも照明環境が変わらないため、レイアウトの自由度が高く、レイアウト変更にも対応しやすくなります。ロの字型とスター形があり、スター形は天井面の広がりを感じられるのが特徴です。

 

パナソニックからはシステム天井の周辺商品も多数発売

快適なオフィス環境を作る上で、照明や音響は欠かせない設備です。パナソニックからは天井本体だけでなく、これらの機能に関わる周辺商品も多数発売されています。おすすめのモデルをご覧ください。

12cmシステム天井スピーカー WS-6810A

樹脂製キャビネット内蔵された12 cmスピーカーです。入力切換スイッチにより、ワンタッチで1W/3Wの出力切り換えが可能。4段切換えのアッテネーターも備えているので、細かな調整ができます。

 

SmartArchi(スマートアーキ)

「建築に自由を与える。」をコンセプトに展開している建築照明器具です。
さまざまなモデルを随時発売しており、2019年には「Square + Type(スクエアプラスタイプ)」の17品番をラインアップ。自由度の高い配置が可能で、ツヤを抑えることにより映り込みを減らし、上質な光による空間演出を実現しました。

 

SEEDはシステム天井の専門家!求人募集も行っています

東京都江戸川区のSEEDは、システム天井の仕上げ工事を専門に行っています。パナソニックをはじめ、さまざまなメーカーのシステム天井を取り扱っておりますので、現場に合わせた最適な施工が可能です。
施工を手がけるのはベテランの職人ばかりなので安心!
一緒に働く仲間も募集しておりますので、興味のある方はお気軽にご連絡ください。

 

→SEEDの詳しい求人情報はこちら

 

関連記事

  • 世界の大地震の20%は日本で起きている!耐震天井の重要性を解説 天井は、建築基準法施行令第39条により「地震その他の震動及び衝撃によって脱落しないようにしなければならない」とされています。 地震大国と呼ばれる日本では、建物の耐震性を保つ上で、天井が重要な役割を果たしているのです。今回は、耐震天井の重要性と、安全な建物を作るためにおすすめの […]
  • オフィスのスケルトン天井の注意点とは? オフィスの内装工事を検討するにあたり、おざなりにされがちなのが天井。しかし天井の重要性をあなどってはいけません。心地よく生産性の高いオフィス空間をつくるためには、適切な天井高さを確保することが必要です。また空間全体を覆う部位であるため、デザインという面にも着目したいもの。 […]
  • 天井はなぜ重要?その役割と種類を解説 こんにちは、東京都江戸川区のSEEDです。弊社では、システム天井の取り付けをメインに事業を展開しています。天井はほとんどの建物に取り付けられているパーツですが、実際にどのような役割を果たしているのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、天井の重要性や種類をプ […]
  • ロックウール断熱材のメリット・デメリット・危険性を徹底解説!ロックウール断熱材のメリット・デメリット・危険性を徹底解説! みなさんは「ロックウール」をご存じでしょうか? ロックウールとは繊維系断熱材の一つで、繊維と繊維の間に空気を閉じ込めることで熱が伝わりにくくしているのが特長です。 ロックウールは優れた特性を持っているため、今やほとんどの建物に使用されています。 この記事では、ロックウール […]
  • 天井納まりが建物に及ぼす影響とは?納まりを構成する4つの要素天井納まりが建物に及ぼす影響とは?納まりを構成する4つの要素 建築において「天井の納まり」は重要な要素です。といっても「天井の納まりって何?」と、疑問に思う方もいらっしゃると思います。天井の納まりとは、天井裏の空間に梁・配管・ダクトなど必要な部材・設備が納まっていることです。天井の納まりは建物の階高を左右し、ひいては建物全体の階数や床面積 […]
  • フェノールフォームとは?利点と欠点・代表的な製品をご紹介!フェノールフォームとは?利点と欠点・代表的な製品をご紹介! 断熱材の種類の一つに「フェノールフォーム」があります。 フェノールフォームは発泡プラスチック系断熱材に分類されます。 高い断熱性能を備えており、主に外張り断熱(建築物の外側で熱を遮断する工法)に使用されるのが特長です。 非常に高性能な素材ですが、欠点はないのか気になる方も […]
036638853003-6638-8530

受付時間 9:00~18:00 (日曜日定休日)

お問い合わせ・お見積り
pagetop